本文へ移動

スタッフブログ

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

上高地

2021-04-24
みなさん、こんにちは!
今週も暖かい日が続き、気持ちがいいですね
今回は、コロナ禍でなかなか旅行に行けないので
コロナ終息後に、是非行ってみてほしい
おすすめの場所を紹介したいと思います

みなさん、上高地をご存知でしょうか??
上高地とは、長野県松本市にある
標高約1500メートルの山岳景勝地です
春から秋にかけて、年間150万人もの人が訪れているそうです
北アルプスを眺めながら、観光はもちろん
トレッキングから本格登山までいろいろ楽しめます
整備された散策路は、とても歩きやすく
上高地の魅力を堪能できます
そして、上高地のシンボルとして人気があるのが
「河童橋(かっぱばし)」です
梓川に架かる木製の吊橋で、橋の上に立つと
見事な穂高連峰が目の前に広がります
上高地の定番の記念撮影スポットとして有名です
そして、とても驚いたのは梓川の綺麗さです
透明度がすごく、淡いブルーや濃いブルーなど
グラデーションになっていて衝撃的でした
他にも、焼岳が噴火し噴出した熔岩や泥流によって
梓川が堰き止められて出現した大正池・・・
原生林のなかに、ぽっかりあいた湿原に広がる田代池など
見どころがたくさんあります
とても素敵な場所なので、機会がありましたら
是非、足を運んでみてはいかがでしょうか

それでは、鈴木でした

タンポポ

2021-04-15
こんにちは!

最近道を歩いていたらタンポポを見つけました!
普段何気なく眺めているような身近なお花でとっても可愛いですよね

そんな可愛らしいタンポポですが、キク科の毎年花を咲かせる多年草で、
とても生命力が強い花です
なんと、タンポポは地中深くまで根を伸ばしており、その長さは30~50㎝ほどとのこと!
繁殖力も強いようで、たまにアスファルトの隙間から生えている姿も見られますよね

また、タンポポといえば、明るい黄色をイメージしますが、地域によっては白い花を咲かせるタンポポもあるそうですよ~。

そんな丈夫なタンポポは、食用としても利用できるそうです!
花や葉っぱ、根など全ての部分が食べれるそうで、栄養価も高いそうです~!
花は天ぷら、葉っぱはサラダや和え物、根はコーヒーと様々な食べ方があるみたいですね

可愛いだけじゃなくて、強くたくましく食用としても利用できるなんて
とっても魅力的なお花ですね♪

それでは高橋でした!

オレンジの花! ~春編~

2021-04-15
こんにちは!加藤です(^^
今回は個人的に好きなオレンジの花特集♪
春に咲くオレンジの花は、花壇の中だけでなく、気分も明るくしてくれます(*‘∀‘)

花壇に植えたいなーと私が考えてるお花たちをご紹介しましょう!

●カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)
オレンジの盃に似た花を咲かせるカリフォルニアポピー。
日中のみ花を開き、夜や雨天時は花を閉じるのも特徴です。
オレンジ以外の色もありますが、個人的にオレンジが一番‼
開花時期は4月中旬~6月ころ。

●マリーゴールド
思わず歌いたくなる⁉何とも可憐なマリーゴールド。
長期間に渡り花が楽しめ、花壇の定番ですよね。
他の色もあるものの、私に限らずオレンジを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
開花時期は4月~12月。長く楽しめるのも嬉しいです(*^-^*)

●オニゲシ(オリエンタルポピー)
オニゲシ(オリエンタルポピー)の魅力は、とにかく色鮮やかなところ!
豪華な大輪の花を咲かせ、存在感があります。
開花時期は5月~6月です。短いですが、その存在感で花壇の主役になりますね(*^^*)

特別オレンジが好き!というわけではないのですが、花の中ではオレンジの花が好きです!
元気を与えてくれる色だと思っています!
暖かくなってきたので、秋冬のちょっとさみしかった花壇に色を追加して、
ド派手な花壇にしようかな~と検討中( *´艸`)

これから色んな色の花があちこちで咲き始めますね(*^^*)
みなさんも家の花壇に植えてみてはいかがでしょうか!
おすすめはもちろんオレンジ色です(*‘∀‘)/

それではこの辺で!

シックイの日

2021-04-09

今日、4月9日は【左官の日】

左官の日は、日本左官業組合連合会によって制定されたそうです。

4月9日が四(シ)九(ク)で「シックイ」となり

「漆喰、石灰」と語呂合わせになっています☆ミ

 

今回はいろんな左官工法の中から「なまこ壁」をピックアップして

お話ししたいと思います!ë)/

 

なまこ壁というと、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、

蔵の黒と白の幾何学模様というとピンとくる方も多いことでしょう(‘ω’)

この壁の工法を、なまこ壁と呼んでいます。

 

なまこ壁は壁面に平瓦を並べて貼り、

目地の部分に漆喰をかまぼこ型に高く盛り上げて塗る左官工法です。

 

なまこ壁という名前は、この盛り上がった漆喰の形状が

海に住む海鼠(なまこ)に似ているから名づけられたと言われています。 

このなまこ壁は、風雨から建物を守るため、そして、火災の延焼を防ぐという目的もありました。

雨に弱い土壁の表面に、防湿のために平瓦を並べて貼り、

その目地を漆喰で厚く塗ることで耐久性も高まり、長い年月の風雨に耐える造りになっています。

このなまこ壁は江戸時代の武家屋敷に始まり、土蔵や城郭、築地塀などに使われ、

現在でも史跡などで目にすることができます。

 

全国各地で見られるなまこ壁ですが、

地域によってデザインは異なるようなので

各地の伝統的建造物巡りしても楽しそうですね♪

 

宮城県内だと

要伝統的建造物群保存地区になっている村田町の旧大沼家住宅や

柴田町の麹やコレクション大河原町の旧佐藤屋邸、丸森の屋敷などなど…(‘ω’)。

 

コロナ終息したらいろんなところにGO TO!したいですね….。oO

 

今日はこの辺で。伊藤でした´ω`)ノ

チューリップ

2021-04-03
最近暖かい日が続いていますね!
今年はチューリップを見に行きたかったのですが、、、行けそうになく残念です。

庭に植えたら毎年見れる!と調べてみたら最近のチューリップは色々な種類・色があって驚きました!
クラウン咲き、フリンジ咲き、八重咲き、ユリ咲き等々、かわいらしいチューリップがたくさん(^^)

色もたくさんあって迷ってしまいますね(^-^;

ぜひおうちのお庭にいかかがですか!来年は家でも、楽しみたいです!

ではまた!佐々木でした!
株式会社高橋造園
本社
〒984-0802
宮城県仙台市若林区
八軒小路5番地
TEL:022-227-0243
FAX:022-266-1193
------------------------------
六郷事務所
〒984-0845
宮城県仙台市若林区
二木笠神37-2
TEL:022-794-9825
FAX:022-794-9826
TOPへ戻る