本文へ移動

スタッフブログ

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

Happy Halloween!

2022-10-14
 こんにちは、平井です。


 もう仙台はすっかり秋ですね。
 10月最初の週末は「あれ? 夏かな?」と思うくらい暑かったのですが、ここ数日は気温も下がって一気に秋めいた気候になってきた気がします。
 寒暖差の激しい秋は自律神経のバランスが崩れやすく、体調不良の原因となりますので、皆様も十分にお気をつけてお過ごしください。


 もう見慣れた光景になりますが、この時期はお店の飾り付けが秋色で華やかな、ハロウィン一色となりますね。
 私が小さい頃は「ハロウィン」なんて、「何それ?」という程度の知名度しかなく、海外の児童文学の中でしか聞いたことのないイベントだったのですが……(おっと、年齢がバレてしまう!)。
 ハロウィンは、古代ケルトのドルイド教で行われていたサウィン祭が起源といわれています。
 古代ケルトの暦では、1年の終わりは10月31日とされ、この日は先祖の霊が戻ってくると信じられていました。
 しかし、悪霊も一緒にやって来て、子どもを攫ったりと悪事を働くといわれていました。
 そこで人々は、身を守るために、悪霊の仲間に見せかけるための仮面や仮装をしていたそうです。


 日本のハロウィンの認知度が上がったのは、1997年の東京ディズニーランドのハロウィンイベントがきっかけだそうです。


 ハロウィンはいまや経済効果で、バレンタインデーを超える規模になり、なんと1300億円を超えるとか。
 ハロウィンイベントや仮装して集まる人々を見かける機会も増えてきましたし、自宅を飾りつけされる方も多いと思います。



 我が家も先日、秋冬仕様にプランターの植え替えを行い、軒先をハロウィン仕様にいたしました!
 ミリオンベルプチホイップをベルギーマムに、アズーロコンパクトをビオラに植え替え。

 リースプランターはこれからやってくるクリスマスを意識したカラーリングで、銅葉のヒューケラと赤色のビオラにしました。

 ビオラに花芽が全くないのは、植え付けた後に摘芯(ピンチ)を行っているからです。

 店頭で購入する苗のほとんどは花色が確認できるよう、花芽がついた状態で出荷されていますが、このまま植えて育てると、ひょろひょろと縦に長くなってしまうことがあります。
 植物には上に伸びていこうとする性質があるので、二節ほど残して摘芯することで、わき芽を増し、葉も花も増えて、こんもり立派に茂った株にできます。
 花芽をすべてカットするとなんだか寂しい感じがしてきますが、一か月もすると新しい花芽が出てきて咲いてくれるのでご安心ください。


 
 こちらはちょっと珍しいツリー仕立てのローズマリーです。
 ダイソーで購入したオーナメントを飾り、ハロウィンツリーに仕上げました。
 ちなみにこの子は来月にはオーナメントを入れ替えてクリスマスツリーにする予定。


 ローズマリーは荒れた土地でも育つ頑強な植物で、肥料はほぼ不要です。
 プランターでも育てやすく、夏の暑さにも冬の寒さにも強いので、個人的にプランターでツリーを作るならにコニファー類よりもツリー仕立てにしたローズマリーの方がお勧めです。

 お勧めする理由は他にもありまして、ローズマリーは鑑賞するだけじゃなくて実用性も非常に高い優秀な植物だからです。

 香りもいいですし、花も咲きます、ハーブなのでもちろん料理にも使えます。
意外と知られていませんが、入浴剤としても使えます。
 5~10cmほどカットした芽を2、3個洗濯ネットや排水溝ネットなどで包んでお風呂に入れてみてください。
 血行促進効果があるので、めちゃくちゃ体が温まります。
 寝る前まで体がポカポカで、寒くなるこれからの時期にお勧めです。
 冷え性の方は是非お試しください(夏の時期や暑がりの人にはお勧めしません)!



こちらは観賞用トオガラシ。
 最近ではではいろいろな品種を見かけるようになりましたが、こちらはよく見る暖色系の丸い実をつける品種です。
 カラーがハロウィンにもクリスマスにもあうので、こちらもこれからの時期にお勧めです。
 東北屋外での冬越しは難しいので一年草扱いになりますが、種から増やすことができますので、翌年も楽しむことができます。

 ただし、観賞用トウガラシは連作を嫌うので、 同じ場所への植え付けるのは避け、プランターの場合土は入れ替えるようにしてください。

 実の形や葉色が豊富でバラエティーに富んでいますのでお庭のイメージに合わせて選ぶことができます。
 こちらも育てやすい品種ですので、冬のガーデニングにはお勧めです。



 寒くなってきてお庭の花は少なくなってきますが、ハロウィン、クリスマス、お正月と軒先を飾りつけするのが楽しい時期がやってきました。
 寒い中の作業は体調を崩しやすいので、防寒対策をしっかりして、お互いに秋冬ガーデニングを楽しみましょう!
 
 
 

ヤブラン

2022-10-03

この間、子どもの授業参観に向かう途中、どこからか金木犀の匂いがして
すっかり秋だなーとしみじみした針生です!
 
さて、だいぶ前のことなんですが会社のヤブランの花が咲きました!
(金木犀の話じゃないんかいぃぃぃぃ!!!!におわせ前振りはなんだったいぃぃぃぃ?!!)

やっぱりお花は映えますね!(さて本題へ)
 
ヤブランの由来がヤブの中に生えランの葉に似ていることから
ヤブランと呼ばれるようになった。
横文字、カタカナ苦手な私はなんてわかりやすい!
という理由だけで気に入ってます(笑)
 
常緑・多年草で初心者にも育てやすく、グラウンドカバーにもおすすめです!
 
夏には紫色の花を咲かせ、秋には実を付けます!


 

斑入りヤブランといって、葉に白色の線の模様が入っているものあって
葉だけでも楽しめます!
 
お庭に色を付けたい方はぜひ♪


紅葉

2022-10-01
こんにちは!

本日から10月に入りますね!
この時期になると毎年、紅葉を見に行きたくなります


紅葉といえば、モミジ

モミジはカエデ科の落葉高木で高さは5~15mほどになります。

沢山の種類があり、大きく分けて
『イロハモミジ』 『ヤマモミジ』 『オオモミジ』の3つに分類することができます。

その中でイロハモミジはよく見られる種類のモミジで、
シンボルツリーとして庭を和風にしたいなという時におすすめです!

数株植えるとより風情がでて素敵なお庭になりますよ


宮城県の紅葉といえば松島、秋保、鳴子あたりが有名なスポットです!

こちらが去年、松島に行ったときに撮った写真です。

ライトアップもされていて、すごく綺麗ですよね

宮城県の今年の紅葉は10月中旬から11月上旬が見頃とのことです


是非、紅葉を見にお出かけしてみてください!


それでは高橋でした!


マホニアコンフューサ

2022-09-24
こんにちは~!しまです。
 
「マホニアコンフューサ」  みなさまは聞いたことはありますか?
 
某魔法学校の呪文...!ではなく、弊社でよくご提案させていただく植物の一種なんです
なんだか見たことあるような、、、という方もいるかもしれません!
ガーデニングや鉢植えの観葉植物として、また、公園やショッピングモール、
リゾートホテルなどの植栽でもよく見られる人気の庭木です。
葉が細く一年中葉を付けるマホニアコンフューサは、
和洋問わず様々なシンボルツリーと合わせやすいんです。
鮮やかな黄色の花や細い葉はヤシやソテツとの相性も良く、
アジアンリゾート風の演出に仕上げるときにもよく使われているのだとか!
マホニアコンフューサは樹木の高さが1~2m程度と低く、丈夫な性質で、
細長く少しトゲがある葉が特徴的です。
ノコギリのような形のトゲがありますが、実際は柔らかくてトゲに触っても痛くありません。
半日陰でも育つうえに病害虫も少なく、背丈も大きくならないため
剪定の手間もあまりかからないマホニアコンフューサは初心者でも扱いやすい庭木なんです◎
 
出始めの葉は赤く、次第に濃い緑色に変わります。寒い時期には再び赤く変わることもあり、
成長の度合いや気温の影響によって色の変化を楽しめるのも魅力のひとつです。
 
開花時期が4~5月と10~12月の年2回あり、
特にこれからの時期の10~12月は他の花が少ないこともあり、
庭を華やかに見せる植物として重宝されています✨
 
黄色いお花を咲かせた後は、緑色の実ができ、薄紫色、
さらに熟すとブルーベリーのような黒紫色に変わります。
(ぱくっと食べたくなる美味しそうな見た目をしていますが、
マホニアコンフューサの実は食用ではないそうです!残念...
これからの時期はちょうど、開花時期にあたる10月~12月のため、
マホニアコンフューサのお花を見れるかもしれません!
 
今回は、お手入れもあまり多く必要としない、常緑低木のマホニアコンフューサをご紹介しました!

 ついつい口に出して名前を言いたくなるほど語感がいいマホニアコンフューサ  !
名前だけでも記憶に残ればうれしいです

それではまた~

オリーブ

2022-09-01
こんにちは!
あっという間に8月も終わり、9月になりました!
少し肌寒いと感じる日が多くなってきましたね~。

過ごしやすくなってきましたが、
季節の変わり目の体調管理に気を付けてお過ごしください



さて、本日は秋に実が成るオススメのシンボルツリーについてお話したいと思います。
私のオススメのシンボルツリーは『オリーブ』です


オリーブの特徴として、葉っぱは細長で、シルバーがかった緑色をしています。

樹形は美しくおしゃれな雰囲気で特に洋風のお庭に合う樹木です。

オリーブは4月~6月ごろ白い花が咲き、9~11月の秋から冬にかけて実が成ります。

葉や花も鑑賞できて、常緑樹なので1年を通して楽しめる樹木になります。


花は白や黄色の5mm程度の可愛い花を咲かせ、実は塩漬けやピクルスなど食用にすることが出来ます!
(※オリーブ1本では実が出来ません!実をつけたい場合は違う品種を複数本植える必要があります。)
また、オリーブは暑さや乾燥にはとても強く、病害虫にも強い植栽です。
寒さにも耐性のある樹木で、育てやすい樹木でもあります!
(マイナス10度以下になる日が続くような寒冷地では庭植えは厳しくなります…



見た目も可愛くて、育てやすいオリーブをご紹介いたしました!


それでは高橋でした!
株式会社高橋造園
本社
〒984-0802
宮城県仙台市若林区
八軒小路5番地
TEL:022-227-0243
FAX:022-266-1193
------------------------------
六郷事務所
〒984-0845
宮城県仙台市若林区
二木笠神37-2
TEL:022-794-9825
FAX:022-794-9826
TOPへ戻る