本文へ移動

スタッフブログ

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

土用丑の日

2021-07-31
こんにちは!高橋です
今週の7月28日は『土用丑の日』でした!

土用丑の日とは、「季節の変わり目の約18日間」のことをいい、立春・立夏・立秋・立冬の直前に年に4回もあります!
夏の土用は体調を崩しやすい時期のため、他の季節に比べて特に重要視されています。

土用丑の日というとうなぎを食べることで有名ですが、
夏の土用には「う」のつく食べ物を食べる習慣があり、その代表の食べ物が「うなぎ」です。

うなぎは栄養価が高く、疲労回復に効果のあるビタミンB1が豊富に含まれています。
夏の暑さを乗り切るためにはとっても良い食材なんですね~

またうなぎ以外にも、梅干しやうどんなども土用丑の日にピッタリな食べものです。

まだまだ暑い日が続きますが、元気の出る食べ物を食べて夏を乗り切りましょう
それではまた!

蓮の花

2021-07-20
こんにちは!
東北地方は梅雨も明けて暑い日が続いていますね
体調管理には十分気をつけください
 
さて、本日はこれから見ごろを迎える
蓮の花をご紹介いたします
 
蓮は、インド、中国、オーストラリア、日本などの
温帯~熱帯域の湿地に広く分布する水生植物です
約1億4000万年前から地球上に存在していたとされています。
水の底に塊茎(カイケイ)という大きな根っこをつくり
そこから茎や葉っぱを伸ばして生長します。
草丈は50~100cmほどで、茎の先に花を咲かせます
そして蓮の花言葉は「清らかな心」、「神聖」
その言葉通り、池の中から真っ直ぐに伸びて花を咲かせる姿は
神秘的な美しさです
 
宮城県では栗原市と登米市の境にある
伊豆沼と内沼が有名ですね
東北最大の低地湖沼で、東京ドーム83個分の
広さがあり、湖面いっぱいにピンク色の可憐な
美しい蓮の花が咲き誇ります
そして、開花シーズンには「伊豆沼・内沼はすまつり」が
開催されます
残念ながら今年も新型コロナウイルスの影響で
中止となってしまいましたが、開催期間中は遊覧船に乗って
蓮の花を観賞することができるんです
陸から眺めるのも素晴らしいですが、遊覧船に揺られながら
間近で見る蓮の花はとても綺麗で迫力もあります
蓮の花の特徴として、早朝に咲き午後には閉じる習性があるため
満開の花を見るには午前中に出かけるのがオススメです
 
まだまだコロナ禍ではありますが
来年には湖面いっぱいに広がる蓮の花を
堪能できるといいですね
それでは鈴木でした

かすみ草の日☆ミ

2021-07-10
こんにちは☀伊藤です‼٩( ‘ω’ )و

最近は雨続きでジメジメな毎日ですね…。涙
さぁ今週の水曜日は7月7日…
7月7日といえば七夕でした!
今年も天気が悪く 天の川はみれませんでしたね。。。

7月7日は七夕ですが、
最近は「カスミソウの日」とも定着しつつある様子です☆ミ

七夕と言えば織姫と彦星の間にある天の川です。
カスミソウのふわふわとした白い花を天の川に見立てて、
カスミソウ生産者や生花店が提案し、定着した日のようです('ω')★

たしかに、ふわふわとしたカスミソウの花は、七夕の雰囲気に似合いますね♪
カスミソウの花言葉は、『純潔』『清らかな心』『親切』『無垢の愛』『幸福』など…
日本でもヨーロッパでも、純粋で混じりけのないピュアなイメージの花言葉がついています。

お花屋さんに出回っているカスミソウには色々な品種があり、それぞれ「品種名」があります。

カスミソウの品種名には、星や星の名前をイメージさせるものが多いような気がします。
「アルタイル」「ベールスター」「ミリオンスター」「スターマイン」などなど。

『カスミソウ=星』のイメージは、
カスミソウの日が定着するより以前からあったのかもしれませんね(´ω`)!

最近では、すっかりメジャーな存在になった「染めカスミソウ」
7月7日のカスミソウの日には、
ブルーや黄色など夜空を思わせる色を使うのもよさそうですね。○
染めのカスミソウは日持ちもよく、ドライになってもそのまま色が残るので、
なかなか優秀な花材だと思います。

カスミソウの日は終わってしまいましたが、染めカスミソウを飾って、
お部屋を彩り豊かにしてはいかがでしょうか?

今日はこの辺で… ('ω')ノ

”アジアンタム” 私のデスクに仲間入り!

2021-06-30
こんにちは!加藤です(^^♪

今日は、最近私のデスクに新しく仲間入りした植物をご紹介します(*'ω'*)
1枚目の写真、”アジアンタム”です。
アジアンタムは、シダ植物の総称です。
世界の温帯~亜熱帯に分布しており、その数200種を超えるそうです!
特徴は、なんといってもこの薄く小さい葉、
繊細な雰囲気をもっておりシャワシャワした葉は観葉植物として人気が高いです(^^)/

耐陰性はありますが、日光が当たったほうが健康な株になるので、
なるべく日光に当てましょう。
温帯~熱帯に分布しているため、暑さには強いのですが、寒さには弱いです"(-""-)"
暖かい場所で育てたほうが良いそうです♪
<育て方>
春から秋の成長期では土の表面が乾燥したらたっぷりと水を与えるようにします。
気温が10度を切ってくると成長が緩慢になってきますので、水やりの回数を減らします。
表面の土が乾燥して2~3日経ってから水やりをしましょう。
肥料は基本的になくても大丈夫!
与える場合は春から秋の成長期にしましょう(^^♪

これからわっさわさと育つのが楽しみです❕
それでは、今日はこの辺で(*‘∀‘)

ギンバイカ

2021-06-30
私が最近、可愛いな(*^^*)と思っているのが【ギンバイカ】です!

ギンバイカ(マートル)は地中海沿岸原産の常緑低木です。
春に花びらが5枚の梅に似た花を咲かせるところから、和名を銀梅花(ギンバイカ)と言います。
ハーブとして扱われる場合は「マートル」という名前で流通しています。
冬にはオリーブに似た黒い果実を付けます。
葉には芳香があり、ハーブとして肉料理などに利用される他、精油も人気があります。
「祝いの木」とも言われ、ヨーロッパでは昔から結婚式で使用されてきました。
常緑で葉の密度も高いことから生垣としてもいいですね。
斑入りの品種「バリエガタ」もあるので好みに合わせて選んでみるのも楽しいですね。
花・実・葉どれも楽しめる樹木です(^^)
常緑なのも魅力ですね。おすすめです!

ではまた!佐々木でした!


株式会社高橋造園
本社
〒984-0802
宮城県仙台市若林区
八軒小路5番地
TEL:022-227-0243
FAX:022-266-1193
------------------------------
六郷事務所
〒984-0845
宮城県仙台市若林区
二木笠神37-2
TEL:022-794-9825
FAX:022-794-9826
TOPへ戻る