株式会社高橋造園|宮城県仙台市|造園工事(日本庭園・植栽工事・移植工事等)|外構工事(プランニング・ブロック積・各種フェンス等|造園管理(一般住宅・お寺等)

 

スタッフブログ

 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
節分の日
2021-02-02
こんにちは(‘ω’)♪伊藤です。
 
今日2月2日は節分ですっ
なんと今年は124年ぶりに節分が2月2日にやってくる、
大変珍しい暦の調整の年みたいです!
生きているうちになかなか経験できないことなので
ちょっとうれしい気持ちになりますね。ワラ
 
「節分」とは、その文字が示すように、季節の分かれ目の日
 
暦の上では、節分の翌日にあたる「立春」からが春♪
つまり、「新しい一年の始まりの日」として考えられていました。
 
昔の人たちは、この春を迎える前日である節分に冬がまとう「陰」の気を祓うことで、
気持ちよく「陽」の季節である春を迎えることにしてきました。
 
節分と言えば、まず思い浮かぶのが「豆まき」かと思います。
「豆」をまくことで、疫病や災厄の原因と考えられていた
「鬼」を退治するならわしです。
鬼退治に豆が使われる理由は、
お米と同じように神様が宿るとされていたことと共に、
鬼の目に向かって投げることで鬼を追い払うことができる
「魔目」でもあるという理由で、
「魔除け」にピッタリだったからのようです。
 
さらに「柊鰯(ひいらぎいわし)」といって、
鬼の目を刺すチクチクとした植物「柊」と、臭いの強い焼いた「鰯」の頭という
鬼の苦手な魔除けアイテムを2つ組み合わせて門などに吊るすといった
おもしろい風習も生まれました。
 
「鬼」というのは、日本人にとってあらゆる「悪いもの」「恐ろしいもの」を
象徴してきたような存在だったわけです。
それをなんとかして追い払うことで、心身ともに清らかな状態で春を迎えて、
また幸福いっぱいの一年を過ごしたいという願いが込められていたのでしょう。
 
豆まきして鬼とともにウイルスも退治できればいちばんうれしいですね。
 
さてさて明日は立春です。暦上では春ですよぉーっ*。
写真のように桜が満開になる日が楽しみですね♪
 
といってもまだまだ寒い日が続くので風邪をひかないように
健康に気を付けていきたいと思います‼٩( ‘ω’ )و
 
 
 
では、伊藤でした('ω')ノ゛
 
 
 
 
 
株式会社高橋造園
本社
〒984-0802
宮城県仙台市若林区
八軒小路5番地
TEL:022-227-0243
FAX:022-266-1193
------------------------------
六郷事務所
〒984-0845
宮城県仙台市若林区
二木笠神37-2
TEL:022-794-9825
FAX:022-794-9826
                 <<株式会社高橋造園>> 本社 〒984-0802 宮城県仙台市若林区八軒小路5番地 TEL:022-227-0243 FAX:022-266-1193
                             六郷事務所 〒984-0845 宮城県仙台市若林区二木笠神37-2  TEL:022-794-9825 FAX:022-794-9826