株式会社高橋造園|宮城県仙台市|造園工事(日本庭園・植栽工事・移植工事等)|外構工事(プランニング・ブロック積・各種フェンス等|造園管理(一般住宅・お寺等)

 

施工ブログ

   
現在施工中の現場をブログにてご紹介します!!
 
フォーム
 
外構工事完了写真です!
2018-05-14
こんにちは!
今回は、以前にご紹介していた外構の完成写真をご紹介したいと思います!
すでに完成はしていたのですが、施工途中をお伝えしてなかったので、
まずは、前回施工途中の状況をお伝えしました。
そして今回完成した外構写真をご紹介いたします♪
 
以前ご紹介した施工写真はこちらです(^^)/
ナチュラルな建物のお宅ですよ~
雰囲気の良い平屋のお宅で、モダンですね!
個人的には平屋に憧れます(*´Д`)私だけでしょうか・・・?
昔は平屋というと、純和風な建物がほとんどでしたね。
最近では、歳を取ってからというイメージはありません。子育て世代にも人気があり、
スタイリッシュな外観も増えています。
 
おっと、外構と関係なくなってしましましたー‼
話を戻しまして、
ナチュラルでモダンな外構に合わせ、自然素材をつかったお庭にしています。
素材のイメージは、お客様のご要望に合わせており、子供たちとお花を植えたりするのを
楽しみにしているようです(*‘∀‘)
 
枕木材を使用し、石積みで花壇を作り、全体には芝を張っています!
芝も植えた樹木達も、まだ少し淋し気ですね。
植えたばかりで、さらに工事した時期は時季節的にもはまだ寒く、
写真の状態はまだ元気!とは言えませんが、
これから暖かくなりますので、緑いっぱいの素敵なお宅になりますよ~(*^^*)
 
お子様と一緒にお庭作りを楽しんでいただければ幸いです♪
それでは、加藤でした(*'ω'*)
 
 
 
玄関前、アプローチの改修工事のご紹介!
2018-05-09
こんにちは!加藤です(*‘ω‘ *)
 
今回は、古くなった玄関前を綺麗に直したいというお客様の要望で、
玄関前の改修工事を行った、K様邸の現場を紹介したいと思います!
工事完了は冬でしたが、春になり、移植した樹木にお花が咲きました!
 
今回の工事は、ご要望により門塀を新しくし、門扉の位置を変え、
人の導線も考慮したレイアウトになっています。
新たに使用した門塀の化粧ブロックは、エスビックの”ラスティック450”という製品です。
温かみのある石目模様が多彩な表情を描き、天然石積みのような表情をみせてくれます(*‘∀‘)
立派な門構えとなりました!
 
レンガで見切った花壇に植えている植栽は、
もともとお客様の家に植えてあった植栽を、工事の際に移植しました。
 
1枚目は施工前の写真です。
2枚目は施工直後の写真です。冬の施工でしたので、ちょっと元気が無さそうにみえますが・・・
3枚目の写真は、暖かくなって木々に花が咲いた写真を、お客様が送ってくださいました(*^^*)
施工後の植栽はすべてお客様が自ら植え、丁寧に育てたものです!
お庭作りを楽しみ、お庭を大切に使って頂いている様子がとても伝わり、
感激いたしました!
とてもうれしいですね。ありがたいことです(^-^)
ありがとうございます‼
 
改修工事はただ新しくすればよいモノではありません。
単に新しくきれいにするだけではなく、現状の建物や既存で残す庭との馴染み方も重要です。
今回は既存にもなじみやすい和風モダンなアプローチにし、落ち着いた色味に仕上げました!
月日が経つうちに、自然素材が樹木と共にさらに周りに馴染んでいき、
趣のある玄関になっていくでしょう(*^^*)
今後が楽しみです♪
 
これからもお庭作りを楽しんで頂きたいと思います。
今日はこの辺で。
加藤でした(・ω・)ノ
 
 
外構工事完了しました♪
2018-05-08
こんにちは^^
少し前に門廻り工事のご紹介をしました、福島県K様邸の外構工事が完了しました♪
 
今回は、”ふたつの庭”をメインにご紹介したいと思います^o^ノ
 
まずひとつめの庭は、リビング前の玉砂利敷きの庭です!
K様のご希望は、白と黒を取り入れた、見て楽しむ庭でした^^
駐車場側からの眺めや、リビングからの眺めを考慮しながら数パターンご提案を行い、施主様と一緒に決めていきました*^^*
鋭角に色分けすることで、落ち着いた空間の中に心地よい緊張感を与えてくれています♪
色分けの範囲は白玉砂利と黒玉砂利が混ざらないよう、天然石のピンコロで仕切っています♪
 
平板アプローチの横一面に広がる白玉砂利スペースは、予備の駐車スペースとなるよう、玉砂利の下は土ではなく砕石路盤となっています。
全体的に白の面積を多くすると、黒い建物とのコントラストが映えてとてもキレイですね*^^*
 
そしてふたつめの庭は屋内から見て楽しむ坪庭です!
写真は屋内の窓からの眺めです^^建物外壁でコの字に囲われた約一畳ほどのスペースに、
茶庭の様式を取り入れた和モダンな坪庭を作りました♪
 
”茶庭”とは茶室の庭のことで、”露地”ともいいます。
茶室に入るときに手を清めるための水鉢をはじめ、水鉢を使う際に乗る前石、燈火や湯桶を置くための石(前石も含めて役石と呼びます)、灯篭等を配置したものが基本形としてあり、今回はその様式を一畳サイズに簡素化し、和モダン風の見て楽しむ茶庭としてプランしました♪
 
室内から坪庭が見やすいように、坪庭範囲の地盤の高さを室内の床面と同じくらいまで上げています。
また、長い竹を手前から奥に斜めに置くことで奥行き感を出しています^^
三方が外壁、一方が竹垣で、メンテナンスはどうするの?と思うかもしれませんが、大丈夫です!
実は竹垣は片側が扉になっているので、開けて中に入ることが出来るのです^o^ノ
 
どんな雰囲気にしたいか、どんな素材を使うか等々、坪庭についても施主様とお打合せを重ねてカタチにしていきました*^^*このふたつの庭がK様の今後の生活に少しでも彩を与えられるとうれしいです*^^*
 
庭は住む方のライフスタイルや趣向によって求められるものが様々です。
見て楽しむ庭、植物を育てて楽しむ庭、家族や友達と過ごす庭等々使い方は様々ですが、共通しているのは”心を豊かにすること”です*^^*
広くても狭くても、日向でも日陰でも、ご要望に合わせたご提案が可能です^o^ノ
”心を豊かにする庭”を、一緒に作っていきませんか?
外構工事や庭をご検討の方は是非ご相談くださいね♪
 
それでは今日はこの辺で^^
木村でした♪
 
外構工事施工写真です♪
2018-04-28
こんにちは!
今回は完成したN様邸の外構工事の一部施工中の写真を紹介したいと思います(^^)/
 
一枚目の写真は枕木材の設置です。
お子様をもつお客様から、
「自分の身長、子供たちの身長の高さをイメージし、ランダムな高さで配置したい」
という要望がありました。
そして枕木材の間には、この写真ではまだ配置されていませんが、樹木を植えます。
フェンスや壁でしっかりとした目隠しをするクローズ外構ではありません。
外部の気配を感じ、自然の風を楽しむことのできるオープン外構。
しかし、枕木と植栽は道路との境界として、そしてちょっとした目隠しとして、
完全に隠さないけど程よくプライバシーを守れる外構となっています(*‘ω‘ *)
 
2枚目の写真が枕木材の階段と石積みの花壇の施工中の写真です。
お庭作りがすきな奥様で、子供たちと一緒に花を植えたいと、花壇も設けました。
石積みには最上石を使用し、ナチュラルな仕上りになっています。
枕木を使用した階段は、コンクリートの階段より、温かみがありますね(*'ω'*)
 
3枚目はアプローチの土間コンクリートの施工です。
アプローチの角度にもこだわり、滑らかな曲線に仕上げました。
玄関ポーチのタイルまで、スロープにしています。
写真では溝になっている目地にはタマリュウを植え、こちらもナチュラル感を演出しています。
 
施工途中の写真では、イメージが湧きにくいかとおもいますが、
どんな風になるか想像するのも楽しみですね♪
次回は完成した外構写真を載せたいと思います(^^)/
 
それではまた!加藤でした~(*‘∀‘)
 
アプローチのご紹介
2018-05-01
こんにちは^^
今回は、施主様のこだわりがたくさん詰まった素敵な外構のご紹介です!
 
計画を進める上で大切にしてきたイメージワードは”美術館”。
まるで美術館のような静寂の演出と、シンプルで洗練された建物との一体化を目指し、
施主様と何度もお打合せを重ねて形にしていきました*^^*
 
その中で今回ご紹介するのはアプローチです♪
洗練されたイメージを作るため、使用する素材は多くを使わず引き算の手法で計画していきました^o^ノ
 
道路境界はコンクリート打ち放しのフラットな擁壁とし、目隠し効果をもたせながら静寂な空間を演出しています。
 
ストレートにのびるアプローチは、30×60cmの透水性平板と白砕石を採用しました。
素材と色味がシンプルなだけではなく、並べ方を工夫することで、すっきりシャープな印象を与えてくれます。
アプローチの各所には埋め込み型のライトを設置し、建物の外壁を魅力的に照らしてくれます^^
 
玄関ポーチをコンクリート擁壁に隙間なくぶつける施工としたことも、建物との一体化を図るのに一役買っています。
通常は玄関ポーチが完成してから擁壁を施工するため、ポーチと擁壁の間には隙間が空いてしまいます。
今回は建物側の職人さんにご協力いただき、施工順を工夫することで隙間のない一体化したポーチの実現が可能となりました♪
 
シンプルで洗練されたアプローチ空間、いかがでしたでしょうか?
施主様には大変ご満足頂き、私たちも嬉しい限りです*^^*
 
もちろん施主様のこだわりが詰まった外構は、アプローチだけではありません。
まだまだご紹介したいポイントがあるので、次の機会にご紹介したいと思います^o^ノ
 
それでは今回はここまで^^
木村でした♪
株式会社高橋造園
本社
〒984-0802
宮城県仙台市若林区
八軒小路5番地
TEL:022-227-0243
FAX:022-266-1193
------------------------------
六郷事務所
〒984-0845
宮城県仙台市若林区
二木笠神37-2
TEL:022-794-9825
FAX:022-794-9826
                 <<株式会社高橋造園>> 本社 〒984-0802 宮城県仙台市若林区八軒小路5番地 TEL:022-227-0243 FAX:022-266-1193
                             六郷事務所 〒984-0845 宮城県仙台市若林区二木笠神37-2  TEL:022-794-9825 FAX:022-794-9826