株式会社高橋造園|宮城県仙台市|造園工事(日本庭園・植栽工事・移植工事等)|外構工事(プランニング・ブロック積・各種フェンス等|造園管理(一般住宅・お寺等)

 

施工ブログ

   
現在施工中の現場をブログにてご紹介します!!
 
フォーム
 
デッキ設置完了!”レストステージ”
2018-06-06
こんにちは!
デッキの設置完了のご報告です。
 
このデッキは、LIXILの”レストステージ”という商品です(*‘ω‘ *)/
色はクリエラスク。明るめの木目で、爽やかですね(*^^*)
このデッキは樹脂製なので、耐久性があり、丈夫です。
木製のデッキと樹脂製のデッキ・・・何が違う?
 
ちょっと解説しましょう♪

まず、通常ウッドデッキはでできていますから、1年に一回くらいは防腐剤を

塗るなどのメンテナンスが不可欠となります。

しかし、しっかりメンテナンスをしていても、日々の雨風、日光等で徐々に腐食してしまいます。

 

そんな悩みを解決してくれるのが樹脂木(または人工木)です。

メーカーによって若干の違いはありますが、樹脂木はプラスチック系の

樹脂と木粉を混ぜて作られているのでメンテナンスしなくても腐食することがありません。

 

シロアリに強く、湿気を吸わないので木材特有の「腐る」ということもかなり抑えられます

さらには防腐処理やシロアリ対策などで薬剤を塗ったりする必要がないため、

小さなお子様やペットなどがいるお宅でも、危険性は低くなっています。

 

しかし、樹脂木にも、唯一にして最大の弱点が存在します。
それは「熱を吸収・保持しやすい」という点です。
元々がプラスチックを混ぜ込んでいるため夏の日差しなどを浴びた場合には、
暑くて素足では乗れない〰というのがホントのトコロ・・・。
その点はご注意ください・・・。
 
とはいえ、メリットが多いと感じる樹脂製ウッドデッキは増え、
近年天然木のウッドデッキはあまり見る機会が無くなってきました。
 
では、天然木はいらない?
いえいえ。もちろんそんなことはございません!
天然木には樹脂木にはない本物ならではの風合いがありますよね。
さらに、『メンテナンスは面倒だけど、天然木が良い!』というお客様のために、
メンテナンスの少ないハードウッドと呼ばれる丈夫で硬い天然木材をご提案します!
 
代表的なのがウリン。別名アイアンウッドと呼ばれ、
インドネシア・マレーシアが原産地の耐久性と強度に優れた、
その名の通りの超硬質木材‼


防腐剤や塗装などを定期的にやりかえる必要がなく、メンテナンスが非常に楽で長持ちします。

上記に挙げたハードウッドは、20~30年はメンテナンスしなくても問題なく利用できます。

美観上(見た目)は塗装を行うことが望ましいですが、塗装を行なわなくても耐久性は十分にあります。

問題は、加工のしにくさと値段・・・ですかね(。-`ω-)

 

天然木と樹脂木のメリット・デメリット。

よく考え、自分に合ったデッキを完成させることをお勧めします!

 

悩んでるお客様がいらっしゃれば、高橋造園に是非ご相談ください(*'ω'*)

では、加藤でした♪

 
 
造園植栽工事 苔庭の手入れしてきました。
2018-06-07
こんにちは。伊藤です。

さぁ、突然ですが日本には約1800種の苔植物が分布しています。
そのうち200種以上が絶滅の危機に瀕しているといわれています。
日本では古来より蘚苔類は身近なものであり、多くの和歌の中で詠われています。
 
そんな苔ですが

今回の施工で使用したのが「スナゴケ」です。
ちょっと見た目が悪くなってしまったお庭…
一旦雑草などを取り除いて
砂をひきその上から
職人さんが苔を丁寧に貼っていきました。
見た目が悪くなってしまったお庭が
あっという間に素敵な和の庭園になりました♪*.
 
スナゴケは苔植物の中でもかわいらしい見た目で
上から見ると小さな星屑がたくさん集まったように見えます☆
雨上がりにはさらにキラキラ輝いてみえますよー☆
とても魅了させてしまいます。
 
かわいらしい容姿ですが、じつはかなりタフな特徴も持つので
苔初心者でも扱いやすいのです!

直射日光にも積雪にも強く比較的どんな環境にも適応します。
砂質の土や岩、石垣などでもよく育ちます。
「苔=湿気が多い場所がいい」のようなイメージですが
湿気が多い場所よりは乾燥した場所を好む性質があるんです。

一点注意なのが仮根がほとんど発達せず土壌への粘着力が弱い苔なので、
特に乾燥しているときはほんの少し撫でただけで剥がれてしまいます。
落葉掃除や草むしりする時は十分注意ですね!
 
苔庭だけではなく苔盆景や苔玉、テラリウムなどにの人気があります。
また、近年では超軽量の緑化資材として断熱効果や気温緩和効果を期待され、
屋上緑化や壁面緑化しても使用されてます。
 
施工ブログなのにスナゴケについていろいろお話してしまいましたね…

盆栽やテラリウムなどは販売してませんが
苔庭にしたいなぁ…と考え中の方など気になる方がいればお問合わせください!
スナゴケ以外にもお勧めの苔植物をご案内させていただきます。
 
では、伊藤でした。
 
 
外構工事 透水平板施工現場です!
2018-06-05
こんにちは!
 
以前ご紹介したことがある、まるで自然石敷きのような透水性平板”プラーガストーン”。
今回はそのプラーガストーンの施工現場を見学してきたのでご紹介します^o^ノ
 
透水性平板?プラーガストーン?と思った方はこちらへ♪
 
今回は、玄関から門柱へ続くアプローチに使用しています^^
レンガで縁取りし、その中にプラーガストーンを敷きつめていきます。
プラーガストーンの下地は、水が浸透しやすいように砕石と砂で作っています^^
 
写真一枚目は敷き詰める前のプラーガです。
大きな一枚ものとは別にバラバラ事件が起きているようですが、このバラバラはコーナーパーツといって、直線部分や直角な部分に敷くときに現場で加工しなくていいようあらかじめカットしてある製品です^o^
 
このコーナーパーツを建物側の直線部分にあてて配置していき、2枚目からは決められた敷設パターンで1枚ものを敷いていきます。
因みに敷設パターンは”アジロ貼り”といって、縦と横を交互に並べる手法です!
 
まるで大きなパズルです…
ランダムに目地が入っているので、一枚の輪郭線があいまいになり、どのように貼ったか一度見失うと混乱してしまいそうです><;
と、私が混乱している間にも、職人さんは徐々に慣れてペースアップしていました!
さすが職人さんですね!*^^*
 
三枚目が敷き終わった写真です♪
レンガ目地側は、職人さんの手でカット加工をして納めていきました。
敷き終わるとより一枚の輪郭線がわからなくなりますね!
色味もきれいで、アプローチが明るくなりました♪
 
このあと、目地の溝の部分に目地材を敷きつめて完了となります^o^
仕上がりが楽しみですね♪
 
それでは今回はこの辺で♪
木村でした^o^
 
外構工事完了しました!
2018-05-31
こんにちは!
今日は、モデルハウスのご紹介です♪
 
ここは広いお庭で、変形型の敷地だったため、駐車場から玄関が少し遠くなってしまいました。
少しでも煩わしさを解消するため、土間で道を作り、歩きやすさを重視しています。
1枚目は駐車場の写真。右に進むと玄関が見えます(^^)
 
イメージはナチュラル外構
駐車スペースと庭との高低差は芝の法面にし、玄関前は植栽のスペースも設けています。
駐車スペースは変形型の敷地に合わせた直線に、
玄関前は曲線をプラスしてラインを柔らかくし、植栽と共にナチュラル感を引き立てています♪
不思議なもので、直線はモダンに、曲線は柔らかくナチュラルなイメージになるものです。
直線と曲線のバランスは大事ですね(*‘ω‘ *)
 
また、玄関前は「駐車スペースを確保しつつ、玄関までのアプローチも欲しい」という要望で、
ギリギリまで土間で駐車スペースを作り、残りを砂利+枕木材を使用したアプローチに仕上げました。
 
植栽越しに見える玄関は、ドアの目隠しにもなり、心を和ませるポイントにもなります。
玄関前にシンボルツリーを植えているお宅は多くありますよね。
門でガッチリ隠すより、植栽でチラッと隠す方がナチュラル感が出ます!
草花で色を付けて、華やかさを出すのも良いですね(*‘∀‘)
 
もちろん、イメージ・機能性・防犯等様々なことを考慮してプランを考える必要があります。
今回はナチュラル♪ということで、
オープン外構にして、自然に仕上げました!
 
ちょっと天気が悪く、暗い写真になってしまいましたが、
晴れた日には、鮮やかな緑が映えるお庭となります♪
 
様々なイメージのプランの提案が可能です!
要望がございましたら、何でもご相談くださいっ♪
それでは、加藤でした(*^^*)/
 
 
外構工事完了です!芝貼りました!
2018-05-21
こんにちは!
本日は外構工事全般の施工完了のお知らせです♪
 
O様邸では、駐車場の土間コンクリート、芝貼り、花壇+樹木、
アプローチ工事、砕石敷き。
外構全般の工事をやらせて頂きました!
法面の芝は、鮮やかな緑が美しく、「今の時期にもこんなに青々としてるの?」
と思った方もいらっしゃるかもしれません。
 
実は、この芝は人工芝です!
「え〰うっそー(゜o゜)」と思った方、
「やっぱりそうなんだ~。」と思った方、感じ方は人それぞれですが、
年中鮮やかな緑を楽しむことができ、メンテナンスフリー
とてもうれしいですよね(*‘∀‘)
人工芝の見た目が気になってる方もいるかもしれませんが、
最近では天然のものとほぼ見分けがつかないほど
自然に近いモノができています!天然に近づけた手触りにこだわったモノもあります。
そのためか、人工芝にする方、最近とても増えていますよ(*^^*)♪
 
もちろん天然芝の素材感、四季を感じる風情は心地よいものですが、
やはり手入れは大変です。手間も時間もかかります。
その手間を楽しめる方には天然芝をおススメしますが、
お手入れが面倒な方や、年中緑を楽しみたいお客様には人工芝を勧めています。
 
どちらにもメリットデメリットがあります
こっちの方がいい!と断定できるものもありません。
お客様それぞれが自分に合ったものを選択していただければ幸いです(*'ω'*)
 
そして2枚目、お子様が「野球をする場所が欲しい!」ということで、
芝貼りの一部を野球ができるスペースにしました!
バッドを振って練習する姿が目に浮かびます~(*‘∀‘)
将来は野球選手でしょうか(*^^*)?
 
野球等のスポーツが思いっきりできる場所がない、今の時代の子供達は大変です。
少しでも家で体を動かせる場所があるといいですね!
私も、子供を持つ親として、とても深く悩むトコロです(。-`ω-)
芝生の野球の練習スペース、とても素敵な親心だと思います♪
 
さて、3枚目には、自然石を使用したアプローチおよびピンコロの階段仕上げです。
ピンコロと自然石乱形の色を合わせ、黒で統一したモダンなアプローチになっています。
 
黒といっても、土間コンクリートのアプローチの一部に使用し、
さらに芝の鮮やかな緑との対比で、重くなく、とても爽やかに仕上がりました!
色の面積は実は重要で、面積の違いでイメージは大きく変わります。
お客様との打ち合わせを重ねた上のデザインです。
程よい重厚感と爽やかさで、素敵に仕上がりました♪
 
人工芝をご検討の方、工事を希望の方、質問のある方も、
当社へお問い合わせください(*'ω'*)
それでは、加藤でした!
株式会社高橋造園
本社
〒984-0802
宮城県仙台市若林区
八軒小路5番地
TEL:022-227-0243
FAX:022-266-1193
------------------------------
六郷事務所
〒984-0845
宮城県仙台市若林区
二木笠神37-2
TEL:022-794-9825
FAX:022-794-9826
                 <<株式会社高橋造園>> 本社 〒984-0802 宮城県仙台市若林区八軒小路5番地 TEL:022-227-0243 FAX:022-266-1193
                             六郷事務所 〒984-0845 宮城県仙台市若林区二木笠神37-2  TEL:022-794-9825 FAX:022-794-9826